2015年05月30日

片手はあかんて

_RIM0120.jpg

_RIM0111.jpg

_RIM0105.jpg

だから太一くん、片手はあかんて(笑)。あの動画マネしてみたら一発で手首おかしくしたわ。だけど、アレ見て思ったのは、うまく言えないけれど、国や環境が違っても似てるというか、あんまり変わらないなと。
世界中で同じことして、同じ景色(目の前の散らかった薪のこと)を見てると思ったら、なんだかおもしろいよなぁ。シンプルな仕事だけにやることは全く一緒だから。彼の代わりにオラは一緒でなれるし。彼もオラの代わりにも同じようにさ。そういうことって割に少ないんじゃないかなぁ?

「薪割りは世界共通の原語である(俺)」

この綺麗な木は白樺ですね。これは、かぽん、かぽん、割れてきもちいいんだ。でも最近気づいたのは、白樺って薪としてはちょっとイマイチなんだよな。火力が弱い気がする。木もアレなんですよ、いろいろなんですよ。燃えたら全部一緒だと思うっしょ?ところが種類によって全然違う。よく燃えるのとそうでないものぐらいは想像できると思うけれど、見た目同じように燃えてても、どうやらその温度が高いのと低いのがあるっぽい。家はこの冬は白樺(もちろんカランカランに乾いてる)が多かったんだけど、薪をストーブの中にいっくら入れてもなんか寒くて、最終的にはひまわりの種を溜め込むハムスター状態にいつもなってた(笑)

だけどそうだ!今年寒かった原因はもしかして。

ここに来た当初ある人に「ストーブも段々使ってると固くなるぞ」って言われて、「固くなる? 鉄がもっと固くなるんですか?」「あ、なんつーか固くなるうんだなぁ、そうなっと熱が伝わりにくくて全然あったかくなくなるんだ」 もう8年も前の話なんですが、その「固くなる」という言葉の感覚的な使い方にびっくりして(笑)、あーこの人、絶対に俺のわかない世界が見えちゃってんだな〜なんて、そのレベルには到底自分達は到達しないから大丈夫、ストーブがいくら炊いても全然暖かくならないなんてことは僕の世界ではあり得ません。なんて半分以上信じてなかったんだけど、もしかして、家のストーブも固くなっちゃってるってことじゃない???  まいりました。

「人の言ってたことは大体あってる(俺)」





posted by ハネモノ(モ)マーケット at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月28日

びっくりしました。いよいよという感じです

_RIM0089.jpg
ニルヴァーナのジャケでこんなのあったよね、ちがうか。

_RIM0093.jpg
たこはセメントだろうと何だろうとカブりつきたくなる

_RIM0096.jpg
フラミンゴっつーのは、つまるところアレだ、ピンクが全て。

ちょりちょりっす。今回も野菜の話なんて一切なくてアイム、ソーリー、アーベー、マザファッカー。
でも実際みなさんも野菜の話なんて興味ないっしょ?(笑)六月になったらぼちぼち露地物を畑に植えますので、今回は野菜ととても関係が深い動物(笑)の話です。

いや〜実はさっきこの記事全部書いたんだけど、最後アップするときにトンじゃって、今、これ二度目なんだわ。くやしくてくやしくてはらわた煮えくり返って生臭いから、前回より絶対二割り増しでおもしろくしてやる!こまねち、こまねち、こまねち(高速三回)

なんだか動物が見たいな。

オラ子供の頃から、虫や動物、これ全く興味がなくてですね、ヒマだから動物園に行こうだとか、ま、デートって言うんですか、ポッ(初老の思い出し照れ)、そのようなシチュエーションで思いつくところがなくて行ったりだとかはあったけれど、単純に動物が見たいっていう欲求は今までで生きてきて一度も経験したことはなかったんですよ。

俺、妊娠したのかも。

それでそんな自分がおもしろくて、あと、何故見たいのか、確かめるべく速攻動物園に行きましたよ。旭山動物園ね。変わった飼育方法で全国的に有名な所です。

ふくろうのくびはくるくるとまわてよくみると下でおじさんがハンドルをくるくるまわしてたよ

かばのめはねむそうだったけどギャルのなまあしはしっかりみてたよ

ひょうのもようをよくよくみるといるみなてぃのもようがあたよ

あ〜ここまでで二割は確実に前回よりおもしろくなってるぞ、うしし、牛は居なかったけど(笑)

と、ホルモンジョークが冴えてきたところなんだけど、この先が思い出せない〜。なんて書いたかな〜?ここはスムーズかつシルキーな話の展開だったんだけど何せ忘れちゃったからさ、ゴボッと抜けて、ちょっと乱暴な展開になるわ〜ね。

動物繋がりってことで、最近の平沢のおはなし。

先日の集まりでみんな言ってたんだけど、今年は動物がすごいんだと。動物ってそのアバウトな言い方(実際にみんなそう言ってた)「どうぶつわや」に内心ウケていた。
自分も確かにそう思ってたんだよね。鹿は何故かいなくなったけれど、キツネそれもデカい!でしょ?あとタヌキ、ウサギ、そして話題の主は熊さんことまーくーね。

これがどうも今年うろうろしているのが小熊らしくて、これが近くに親熊が居ようものなら、危険度合いが、倍の倍の倍でドン。はらたいらの倍率から一挙に篠沢教授の倍率に跳ね上がるらしく。
オラも一度車を運転していて出くわしたというか、見かけたことあるんですが、確かにちょっとギョッ!とするんだわ。だけど山に熊が居るのって考えてみれば自然なことだよねぇ(笑)不自然なことではない。マグロが道に置いてあったほうがギョ!ギョ!とする、魚だけに。

宇宙にもし人間だけが生きているのだとすればスペースがあまりすぎる、と言ったのは映画「コンタクト」の主人公のとっつあんですが、こんな山奥、人間だけが居るなんてヘン(笑)
それでも昔は滅多に現れなかったらしいから、確実に何かが変わってきてしまっているのでしょう。それなのに、それを事件や事故の範疇にしていいものなのかと。一方的な見方すぎやしやせんかい?と。

今朝聞いた速報でも、オラもよく使う道にまーくーが現れたらしく、ぬろ〜っと立ったらあからさまに車よりもデカかったらしいという「逆立ってたかい?」どころの話じゃないのが最近はゴロゴロしてるんだこれが。

まーくーはここ最近は全道いろいろな箇所で出ているらしく、今朝のラジオによると道北のどこかでも熊が出没したのだとか。ちなみにそのラジオの現地で拾ってくるコメントって、コンピューターの自動応答レベルの紋きりでありまして、それはそれで味わい深いのですが、今朝のその報道の中で使われたコメントはこんなのだったのです。

「びっくりしました。いよいよという感じです」

いよいよって何だよ(笑) 「正直、そんな言われ方気分悪いです(熊)」

ま、別に間違ったこと言ってるわけじゃないし、その気持ちもわからなくはないけど、なんか違和感があるんだよな。熊に襲われたらどうすんだ?確かに綺麗ごとなんて言うつもりもないんだけどそんなにばっさりと単純な問題なんかいな。

旭山動物園の飼育員の人もこう言ってましたよ。人間は人間だけで生きていて動物とは無関係で暮らしていると思いがちですが、人間の営みというのはものすごく動物にも影響をあたえています。そのことをまず自覚してくださいと。この動物園はそういうことを思い出して頂くためのものなんですよと。

そうだ!動物園に行こう!(最初に戻る)
posted by ハネモノ(モ)マーケット at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月25日

ここの六月もね、これがまたいいんだ、ビールがね、うまいんだ、これが

_RIM0160.jpg

ちょりっす。
皆様からお預かりしている(あえていやらしい言い回し)このニンニクですが、今のところこんな感じですね。四月はかなり天気が良かったんですが、五月はなんだか寒いと言えば寒いし、毎年こんなものと言えばこんなもの。けど、適度に雨なども降りやして皆も喜んでおります。葉っぱが喜んでるべ?
太陽の塔が45mですから100mぐらいに伸びてると言っても過言ではないわね。過言つーか他言無用、つーか、誰に言うのよ、からの連作。を重ねているにも関わらずのこの葉色ね、そこに注目して欲しいわけ。
あいかわらず緑が濃いのですよ。毎年、毎年、なんでこんなに濃いのかはわからない。ただ、ちょっとだけ、うすーく思っていたのは、なんとなくいつもより、ほんのちょっとだけね、細い気がね、あくまでも気ね、するんですよ。それをこないだムラがね、車の中からちょろっと見て上から目線でこう言い放ったんだよね。

「ん〜、細いな!」

おめぇに言われたくねぇよ。なんかさ、自分でうすーく思ってることでも人に言われたら腹立たない?(笑)自分で鼻が赤いって分かってても、人から「ねぇ、ねぇ、トナカイさん!」って言われたら腹立つのと一緒でさ。おっ、それは俺だけか(笑)

ま、そんなわけで今年は全体に細めだね、細いということは、茎の太さ=球根の大きさであるからにして、全体的に小さめの出来になるんじゃないかな?昨年植えたリン片が割に小さめだったからそんなに驚かないです、というのも、デカくなりすぎて何もかもはみ出てる感じの輩は全部種として使わなかったんですよ。昨年あたりから、にんにくはデカけりゃデカいほどいい!その路線から、適度なバランス、品の良いフォルムとか言い出してるからね、このおっちゃん。でも一番大事なのは味ですよね、あと香り。鼻が曲がるくらいのやつが出来たらいいなぁ。

そしてもうこの季節だもの。はえーよな。

_RIM0164.jpg


今年もなんとか買わないで「薪スポンサー様」からのお恵みで事足りるように、ちょこちょこネットワークを張り巡らしてるわけなんですが、このままだとかなり足りないなぁ。
この家、いくらガン炊きしても全部屋根から逃げちゃうから(笑)一冬の薪の使用量が半端ないんですよ。ぼちぼちこっちも本腰いれてかないと間に合わない。薪は今まで買ったことないからできれば買いたくないな。なんか負けな気がする(笑)

思い出したけど、この冬に配達しているお家で薪を割っててさ、その人、サイン書いてもらうとぶるっぶるっ震えちゃうぐらいのおじいちゃんなんだけど、ま、山の本職の人が使っている道具を使ってたから素人ではないんだ。あのおじいちゃん、あれ全部割れるのかなぁ?なんて見ていたわけ。
たぶん、オラだったら、ちまちまやるのが好きだってのもあるけど、全部で1週間ぐらいの仕事かな?っていうボリュームだったの。それがさ、次の日に配達に行ったらもうないんだよね!!えーっ!!どこに消えたの?って探したら、既に納屋の中に積まれてあってさ!驚きの余り聞いたのさ。

「あれ全部昨日に割っちゃったんですか?」

「あ?あれか?なんも割るのだけだったら半日だ。積んで一日仕事かな」

オラ、もう口あんぐり(笑)

日々そんな猛者の方々に自分の甘さを思い知らされる太郎なのでありやす。
posted by ハネモノ(モ)マーケット at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月22日

ハネモノ太郎のこんなのできちゃったよ自慢 VOL.01

_RIM0138.jpg

45jpg

しっ!今、俺に話しかけないで。

私ことハネモノ(モ)太郎は、今、宇宙を思い出すべくに瞑想中なのであります。そうか、話かけようとしてた君はとどのつまりは俺だったんだね、なーみーん?

ほっこりした気分のままきらきらとお久しぶりでございやす。太郎はこの春のチャレンジ、我がクラシックビンテージカーサンバーくんのエンジン載せ変えを決行したのであります。全然独りじゃ持てない重さだし、ヘルプで頼んでた人が都合わるくなっちゃって一人作業になっちゃうし、仕組みとか半分くらいしかわからないしさ、ちょっと怖じ気づいてたんだけど最終的には、ヘイユー!勢いのあるうちにやっちまいな!っつーことで、ま、なんでもそうだけど最終的には勢いだよ!勢い! 失敗したっていいじゃん!

と人には言える(笑)

ま、ここだけの話、我が友サンバーくんには秘密があるのです。これを作った富士重工、旧中嶋飛行機は太平洋戦争末期に宇宙エネルギーつまりフリーエネルギーの存在をつきとめ、敗戦によってすべての研究資料がGHQによって強制没収される前に、そのエネルギーシステムを極秘に市販の自動車の設計図に雛形として埋め込んだのです。一部オカルトマニアの間では密かにこのような噂がありました。

「サンバーのエンジンルーム部分は動くパワースポットらしい」と。

そこで太郎はその噂を確かめるにはこんなチャンスはないと、サンバーのエンジンルームで瞑想してみようと、上の写真にはそんな経緯があったのですね。まずエンジンを降ろしてマックス驚いたね! そっ、そんな馬鹿な! こっ、これはエンジンじゃない! バルサでできた全くのダミー、精巧な偽物じゃないか! 「エンジンがないと車検に通らないね」「これは怪しまれるね」てんで、載っけたただのハリボテだったのだ!
やっぱり我が友サンバーくんはエンジンで動いていたのではなく、宇宙エネルギーで動いているという噂は本当だったんだ! ふか〜く息を吸って、ゆっくりとだ〜す。

「ま、万華鏡や! きらきらした万華鏡が額に見えるんや この光でこの車は動いていたんや!」

この瞬間、太郎はエンジンとなったのであ〜る!いや元々太郎は最初からエンジンだったのであ〜る。それを思い出しただけなのであ〜る。ここまできたら、宇宙からのフリーエネルギーを媒介しドライブシャフトに注ぎ込むことができれば、サンバーくんは絶対に動くはず!理屈はあっている、ただ問題は「人はエンジンには成れない」という先入観だけなのだ! そんなもの今すぐ捨てようぜ! 何だってなれるさ! ぬを〜!!

微動だにしません、当然ながら。

_RIM0145.jpg

と、ま、いい歳こいてこんなことまでやっちゃってます(ぽりぽり)

これさ、何が辛いって、ムラに写真撮ってもらってるんだけど、終始無言で真顔(笑)

「もう〜馬鹿じゃないの〜?(といいつつ、その馬鹿なことにちょっとウケている自分を隠す)」でも、「やめてって!そういうこと!(本気であきれている)」でも「アホか!」でも何でもいいだけど無言で真顔だからね。そのような状況でこういうことをやるのはボディブローのように弱ってくるんだよね。

「俺のやってることおもしろくもなんともないのかな〜」

「すんすん、こんなのブログに載せたって誰一人喜んじゃくれないんだ」

「いいよ、いいよ、クニちゃんと太一くんが喜んでくれればそれで俺は いじいじ」

そういう気分を持ち上げてのこの文章だからね、ここは拍手が欲しい(笑)そんなわけでクニちゃんっと太一くんが喜ぶからもうちょっとこの件書くけど。あ、これもおもしろいよ。

_RIM0152.jpg

今回クーラントの配管も全部変えたんだけど、この配管、錆で肉厚が薄くなってきていて、ボールペンの先にコンマ5ミリくらいの穴が見える?この穴がさ、この冬、さ、これから山に登るぞ(麓郷に配達に行くぞの隠語)ってときにあった「クーラントだだ漏れわや祭り」の犯人なのだ〜!というより、こういう感じの写真を一度載せてみたかっただけなのだ〜! ボールペンはシャーペンのほうがよかったかな、その筋の連中には(笑)

ま、そんなわけで、写真はないけれど無事バルサ製の新エンジンを積み終わりまして、ほっぺたがヘソに届く勢いの太郎でごさいやすが、考えてみれば、段々オラのやることも凄みが出て来てないですか?(笑)

ひとつ言えるのは、これね、田舎にきてなければ絶対にやってない。それは間違いないね。東京に住んでた時は自分で車のエンジン載せ換えようなんて、そんなこと頭にもよぎんないと思うな。
田舎の暮しというか、周りで実際にたくましく生きている人からの影響もあるしさ、その中で8年間自分でもいろいろやってみて、あとやらざる得ないっていうのもあるし、自然とこれなら出来るっていうハードルが上がってきてるんだと思いますよ。これは別に自慢じゃなくてね。事実ね、だって、俺さ、今思い出したけど、ここにきてすぐは車のワイパーを自分で換えられなかったんですよ。
この調子で今度は温泉でも掘りたいと思ってますよ。やっぱり田舎の暮しってのは人をたくましくするんだわ、佐波くん、ぜひおすすめ(笑)

それにしてもこれで我が友サンバーくんも、おじいちゃんに15歳の心臓を入れちゃったようなものだからさ、これさ、もしかして、俺が還暦になるぐらい乗れるんじゃないの?それはいいんだけどさ、そういう還暦か〜、正直言わせてもらうと、その類いの還暦は予定になかったな〜(笑)

今回も野菜の話題がぜんぜんなくてごめんね〜。実際我が菜園まだはじまんないんだよね〜。と思ったらムラが今日ちょこちょこやってた。今年ムラは8列とうきびっていう昔の固定種を植えるんだとさ。今風のスイートコーンじゃなくてすごく固いやつ。昔アムちゃんがアフリカを廻っていたときに、そのスポーク(笑)に差して焼いてあるのばっか食べてたみたいで、それ美味そうつーか、そそるよな。ぜひスポークから再現したいな、当然食べるときは上半身裸で(間違ったアフリカのイメージ)。

_RIM0155.jpg




posted by ハネモノ(モ)マーケット at 18:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月14日

2015年ザ ハネモノ(モ)マーケットはじまったよーだ

_RIM0112.jpg

ちょりっす!お久しぶりでございます。いよいよ春ということでハネモノ太郎、改名、しょんべんちびり太郎も重い腰をあげさせて頂くとになりやした〜。

いや〜、眠った。半年眠った。ここ書くときはある意味別人格ですからね、別キャラですから。太郎は半年眠ってたといってもあながち嘘ではないのだ。太郎いい人、圭吾悪い人、コマネチルーマニア人。

そんなわけで今年もがんばっていきまっしょいってことでね、眠っている間に自分の脳内会議が開かれまして、そこで「ハネさん、あんた、もっと、もっと、ナンセンスでいいんじゃないの〜?」という結論になりまして、この写真となったわけでありやす。そ〜さ、今年は最初から振り落としにかかってるのさ! 

ついてこいよ〜!ついてこなくてもいいけど(笑)

というのはウソでして、これ実は田舎の生活ではとても重要なことをしてる現場の写真なんですよ。ここらはね、熊ね、まーくー、この野獣がハンパない。もし熊に遭遇したどうするか?もしという曖昧な言葉よりももっと差し迫っているというのが現実なわけですが、そんな時は「自分をデカくみせる」というのが基本でして、「俺、でっかい人間なりてぇんだ!」そういう類いのデカさは野獣には全く通用しない。あと仕事場にもよく居ますよね?聞いてねぇのに「今日も今朝から仕事パンパンだよ」そういううるさい奴。そういうデキるアピール、それも野獣には全く通用しない。対動物という観点に必要なのは見るからにデカいという単純なことなわけですよ。

「あっ!まーくーだ!」

そこで我々は普段からそんな時、そこらにあるものでパッと自分をデカく見せる、その訓練をしてるわけなんです。今日は瓶を使ってみた。ちょっとボリューム不足でイマイチなんだけど、割に重いんだ、これ。本当は両手で一輪車を1台ずつ持ち上げたいところ。そこに猫がのっていると尚かわいい。野獣は割にそういうのに弱いとの報告あり。あと顔ね、こいつ食ってもマズそうだなっていう顔も大切なんですよ。

ぱわわわ〜ん(湯気)

おい!ついてきてるか〜(笑)

2015年も最初からこんな感じですが、マジ話、これ撮ってるときに村の人に思いっきり見られまして、またひとつ村の中の立場が悪くなったというね(笑)

ここまで何ひとつザ ハネモノ(モ)マーケットの今年について書いていないわけですが、実はみなさんに重要なお知らせをしなければなりません。

みなさまと共に歩いてきたこのザ ハネモノ(モ)マーケット、今年をもって一度区切りを付けたいと思います。いわゆる卒業というのでしょうか?人間卒業的な。

実はこれは昨年のはじめから考えていたことであります。理由はいろいろなんですが、単純に言うと、小さな畑もムラも休ませてあげたいなと(こう書くとみんな納得してくれるという読み)
ま、ぶっちゃけ書くと、来年また人生を捨てるべくムラと長い旅にでるつもりです。新たなる扉を開くために!

と、何週間前まではそんなことマジで考えてた(笑)

だけど実際に考えれば考えるほどやっぱいろいろ無理だよなっつーことでね。一人の大人としてね(笑)やっちゃダメってことじゃないんだけど、ほんとにそれは今やるべきことなのか?ということで、そこでどんどん計画変更、縮小して、2週間程度の小旅行だったらできるんじゃないの? その長さだったらなんとか実家に猫ちゃん預けれるんじゃないの? でもそれだったらザ ハネモノ(モ)マーケットもできるんじゃないの?と。せっかく楽しみにしてくれている人もいるのに、もうちょっとがんばれないの?と。

だけど、俺は、俺は(涙声で)車の上に付けたあのキャリアは外さないよ。あれは、あれは、ボクたちの夢なんだ。

そんなこんなで今現在は来年のことは未定だけど、少なくとも今年で止めることで決定していたのは止めました(えっへん)

ま、アレですよ、スポーツ界でもあるでしょ?単年契約ってやつが。それですよそれ、それでいくことにした。来年はわからない。だけど今年はやると。結論、いつまでもあると思うな、あんたの米びつとザ ハネモノ(モ)マーケットということでひとつよろよろミルマスカラス!

そんなわけで2015年、最初っからだいぶ振り落としてしまった感がありますが、残ってくれるみなさんには今まで以上に楽しんでほしいと本当に思ってます。

そうそう、今年はずっとずっとやりたかったことをとうとうできそうなんだよね。太郎は冬の間、ただ惰眠をむさぼっていたわけではなかったのであ〜る!来月には報告できると思いまっす。それに合わせてしばらくTシャツも作ってなかったから、また作りたいな。

写真の後ろに見えているのはニンニク。一冬を地中で過ごしてもうこんなになりました。今年もまずまず。みそもたんまり仕込んだし、あとは天気だな。

今年も実りの多いあなたでありますように!(意味不明)

posted by ハネモノ(モ)マーケット at 22:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記