2015年06月30日

今年の夏の目標は海でバーベキューすることに決定

_0018197.jpg

ま、ブログなんて今更だけど、その中心は結局自慢以外の何者でもないわけでありまして、俺自慢、貧乏自慢、ポルシェ自慢、悟り自慢、子供自慢、嫁自慢、夫自慢、ペット自慢、こんなクソすばらしい場所に住んでます自慢、昨夜食べたうどんが美味かったよ自慢、友達の従兄弟がラッキー池田さんですとかさ、よくよく考えたら、誰にも頼まれてないのに、他人から見てそんなどーでもいいことをしこしこ書いてる時点で、もう既にまともじゃないよな(笑)もちろん自分も含めてさ。

どうせまともじゃないんだから、オラは今日ウニ自慢をします。

このウニ見てくださいよ!

これさ、4人とかで行って、その真ん中にこのウニが出てくるのならわかるんだ。これさ最近言った積丹半島という場所の宿で一人一皿出てきたの(笑)カレーライスかよ!
なんでもウニというのは保存面から普通ミョウバンを入れるらしいだけど、この季節、そしてここのウニだけはそのミョウバンが入れてないということでありまして。はあ、そうなんすか、ミョウバンねぇ、そんなことすら知らないぐらい、オラはウニに目の色を変えるという人間ではないのですが、一口食ったら。うめぇ〜!!これほんとに好きな人が食べたらチビる(笑)

北海道のこの何気なくイッちゃってる、まだまだ手つかずの感じ(笑)が好きだなぁ。

今回はこの自慢と前年同月の更新回数を1回でも多く上回りたいという主旨でしたのでこれで終わり、ごっくん。






posted by ハネモノ(モ)マーケット at 12:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月29日

しょっぱい夏とか言ったらだめまだまだこれからだよ

_RIM0076.jpg

_RIM0067.jpg

_RIM0068.jpg

_0018194.jpg

今朝も俺は綺麗な花の写真を載せて綺麗な心の持ち主的なアピールをしてかっこつけてる。

今日のような気持ちのいい時間もありつつも今年は冷夏でほぼ決まりかな。
では北海道の冷夏とは一体どんな感じ?といいますと、未だ朝にストーブつけてます(笑)という感じ。
冬に雪が少なかったからある程度が覚悟はしていたけど。
そのせいで野菜が全然オガらんオガらん(育たない)自分達で食べる分は別にいいけど、ニンジンが未だこんなだとちょっと焦る、から人の畑は見ない(笑)
これから出る芽が虫に食べられたらもうおしまいだっつーことで、御夫人のファンデーションバリに白く浮く「ぽおぽお(笑)」と呼ばれる布をかぶせましたよ。これが最後の切り札となるか?

とにかく虫になんとなく足を遠のかせる、あそこはちょっとめんどくさいから通りたくないなと思わせる、または近寄りがたい場所と思われるのが肝心、いわゆるこの畑を「今の渋谷化」させなければならないのであーる!木酢液だの黒酢だの散布して。

あとはオラがここの真ん中で一晩中笑顔で踊ればよい、レッツダンス。

posted by ハネモノ(モ)マーケット at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月24日

愛してま〜す!!(ぽっ)

_RIM0061.jpg

今朝も俺は綺麗な花の写真を載せて綺麗な心の持ち主的なアピールをしてかっこつけてる。

それよりさ、さ、もうそっちではとっくの話題なんだと承知で書くけど映画「インターステラー」見た?

昨日たまたま借りてみたのです。富良野に住んでるオラにとってGEOにないものはこの世に存在しないものだから(笑)あって良かったわ〜!アレ超コマネチじゃん!

な、なんの映画?いつの時代?なんなんだコレ?と思っているうちにあっという間に引き込まれ3時間弱。「コンタクト」を越えるものがついに出た!けいちゃんビンビン物語ですよ。

「コンタクト」も「マトリックス」もそうだったけど、科学に見せかけて実は神性を描きたかったんじゃないか?ってオラは勝手に思ってるんだけど、今回の「インターステラー」はかなりハードコアにそこらへんに突っ込んでる。逆に言うとあそこまで描ける土壌が世の中に出来てきてるんだな〜って思います。愛だけが宇宙の全てを束ねているエネルギーである的な描写もさらりとあって完全にイッちゃってるね(笑)

このさらり感が一番良かったな〜。科学の肌触りを使ってそれが暖かくなりすぎずに常温で表現されていた。
たとえばもし「水」って口に出すときに恥ずかしい? 恥ずかしそうにしてたら職場の人気者ですよね?たぶん「愛」も一緒だと思うんだよね、水のように無味無臭さらに常温で。そこに人が勝手に色々味を載っけるから胸に妙に恥ずかしい気持ちがひろがるわけで。愛は勝つとかさ、知るかってんだよ(笑) 本当は「水」って言うのと同じ気持ちで「愛」って言えたならそれが本当に近いのだと思うんですよそれが宇宙の核心。

俺はもちろん言えないけどさ〜(笑) 

もう6月も終わりでもう来月中旬予約が開始だもな〜。ハガキもまだ書いてないし。スイートコーンがオガってくるまでは中々エンジンもかからないというのが本音でして。予約詳細発表までもうしばらくお待ちを。そして今まで予約してくれた方、そうでない方、どしどし予約お待ちしております。

愛してま〜す!!(ぽっ)

清志郎はすげぇな。たぶんあれは本当の愛、照れる余地すらない。






posted by ハネモノ(モ)マーケット at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月23日

むしわいや

_RIM0044 1.jpg

今朝も俺は綺麗な花の写真を載せて綺麗な心の持ち主的なアピールをしてかっこつけてる。

んだけど、実際心の中は煮えたぎってる。
まるでやる気のないくせに客足だけは途絶えないそば屋のゆで釜のように下の方は完全にどろどろ。

まじかよ〜。

月曜日、遊びまくって帰ってくると、ムラが開口一番、開高健バリにオーパ!

「ニンジンちゃんと見てた?」

寝不足で感度の悪くなっている頭でもなんとなくその表情と口調から少なからずこれはなかなかな問題であるという察しはつくのですが、口まで電流が走らず、オラ無言。

「ニンジンの芽、あれさ、全部虫に食べられちゃってるよ」

な、なぬ? 急いで畑をみてみると。あ、あれ?出てた芽が!

探偵がことの経緯を細かく調べたところ、10日前、タネ蒔いて、雨降って、ここで完全にふぐり太郎は慢心してしまったようなのだ。今年はこれでオッケーだなと。

ところが出てくる芽、出てくる芽、かたっぱしから順番に食われていたのでした。どうしてそれに気がつかなかったかというと、何もない場所はこれから出る場所だと勘違いしていたからなのだ。

ふぐり太郎はもう虫に食われてとうに何もない場所にせっせと馬鹿面下げて水を撒いてたのだ!
おかしいだろ? 傑作だろ? はははははは!(トシちゃん48歳)

我慢して(笑)よくよく細かく見ると生き残っている芽にも小さいイモ虫が1本につき3匹へばりついてる。さながらえさをおあずけされて革靴にむさぼりついてるブタのように。ぶひぶひ。(というような書き方をしていますがブタってかわいいんだよ)

むしわや!!! つーか、わ(い)や。

説明するとわやの最上級が、わ(い)や。 
わ と や の間に い を入れて若干 い を伸ばすと尚下品(ヤンキー)。

虫、わい〜や。俺の頭の中には浮かんだ言葉、それは「殺虫」(まんま)。

だけど虫にだって事情がある、こんなことになったのも元はと言えばこれもそれもあれも全部オラのせい。オラのこの性質のせい。人がふつーに出来ることで自分が中々ふつーには出来ないことがあるのです。それは物をよくみること。

そのことは自分でも分っていて、どうしてものをよく見ないのか自身でよくよく観察、分析してみたことがあるんですよ。そうすると見られない、んじゃなくて、見たくないという心境が働いてることがわかったんだよね。
細かいことを見ようとすると顔が横を向きたがるの!自分でも意味わかんね〜(笑)これは、たぶんアレだ、前世の問題だな。人のきづかない何かをみつけてしまったがために処刑とか。王妃様のベットの上に第三者の陰毛をみつけてしまったとかね(笑)どうりで細かいものを見るのが怖いわけさ。

だけどいい話もある(実話)

チャンピオン争いをするようなアメリカのモトクロスライダー、速いんだけど、その人、目が悪くてコンタクトだったんだよね。モトクロスは路面が千差万別でそれを細かく観察できないと不利、泥なんかもかぶることも多い、それをかなりハンデに感じて思い切って視力を回復する手術をしたわけ。
そしたらさ、逆に遅くなっちゃったの(笑)ギャップ(コブ)が全部クリアに見えるものだから、怖くてアクセルが開かなくなっちゃったんだってさ(笑)

これを生きるってことになぞらえてもそういうことってあるだろ?
これこそがオラがものをよく見ない理由として、いつか誰かに言ってやりたいことだったんですが、言ってやる機会が全然ないのでここに書く、つーか叫ぶ。

俺は見られないんじゃなくて、見ねーんだよ!!(しーん)

あっ、そうですか的な空気を感じつつ今日はそろそろ終わりにしよう。あーでもほんとわやだな。全部蒔き直しかよ〜。六月中に蒔けばなんとか野菜セット発送には間に合うとは思うのですが。

急いで蒔き直すとそんなオラをチラ見してた雷様(仲本工事)が雨をごちそうしてくれたベリナイス。

posted by ハネモノ(モ)マーケット at 11:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月20日

スイッチが入ったときのあいつはすごいと評判の

_RIM0023.jpg

_RIM0019.jpg

ここ最近やっと夏がチラチラと見えてきたかな。

毎年恒例ですがニンニクの芽をじょきじょき切ってます。
これさ(昨日の記事)一晩くらいでこんなに伸びるんですよ。信じなくてもいいんですが、できれば信じてください。

実は今まで何気なく切ってたんですが、切ることによって、地中の球根(ニンニク本体)がデカくなるスイッチが入るんだってさ。
これは完全にニンニクに「あきらめな」って言うような残酷な儀式ですよ。「ハイ、君は現実ここまで。ハイ、君もここまでぐらいが楽しいよ。ハイ、君も結局ここまでの人でした、おつかれさま〜」的な(笑)

悔しい思いがあったからこそ人もニンニクも大きくなれる。

と思ってもみないこと書いて今日は終わりにしとこ。




posted by ハネモノ(モ)マーケット at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月19日

こぼれイクラは食べないがおごりだったら食べる

_RIM0045.jpg

_RIM0028.jpg

_RIM0041.jpg

_RIM0036.jpg

_RIM0048.jpg

また更新開いてしましました。やーほんとウソじゃなく、さっきスターウォーズ真っ青の最高におもしろいのが書けたのですが、が!また全部消えちゃって(今年二度目)どーしても同じかそれ以上のものが書けなくてですね、今日は写真で許して〜。タイトルだけは憶えてたから生かした(笑)堆肥から回転すしまで話をもっていくのが午後十時の今現在、もう完全に無理だと判断いたしました。すげーおもしろい話だったんだけど、これにて失礼候。おのおの勝手にストーリを考えてもらっていいよ。ねむ。

posted by ハネモノ(モ)マーケット at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月16日

たっふんだ通信冷夏編

_RIM0002.jpg

_RIM0004.jpg

今年もなんとか薪スポンサー様が見つかり薪の目処がたちました。抜根大好物。

前にこの車に同じく薪のオダリ過積載をしてから、車体が後ろ下がりになっちゃってるので、こんなもんで止めとく。

あれ?もしかしてユー達、また太陽の塔を探しているのかい?オラがそんな期待どおりのことするわけねぇべさ。(笑)

これね、全部割ってみたんだけど、これで大体真冬の一日分かな。

ストップ CO2!! (こんだけ燃やしてて何こいてんだ?っていうギャグですよ)


posted by ハネモノ(モ)マーケット at 07:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月12日

小生、寝子についてかいてみたよ

_RIM0020.jpg

_RIM0024.jpg

_RIM0034.jpg

このあさり(はまぐり大)、すまし汁にして食べたらめちゃくちゃ美味だったな〜、北海道万歳!

人参の種蒔きは結果的にはすごくいいタイミングでした。あれから3日間雨がしとしとと。昨年は全く6月に雨がなくて、発芽率がひどく悪かったんだよな。毎日夕方に30分せっせと水を撒いてもやっぱりたかが知れてるっていうか、一晩しとしとくるのでは雲泥の違い。そもそも雲と泥を比べること自体が間違ってる。せめて雲と水だろ?か、雲と海とか?なーみん。波だけに。

んで、蒔き終わり、ヒマぶっこいてるので、今日は寝子(猫)のことでも書くとするワン。

ま、オラの場合、非常にひねくれ者っていうか、万年中二病っていうか、不治のチェッカーズ病(わかってくれとはいわないがそんなにおれがわるいのか?)だからして、まずものごとを素直に見れない。

たとえば「〜しなさい」風のタイトルの本が最近いっぱいあるじゃん? 目にするたびに必ず心の中で言うことは、てめーに上からものを言われたくねぇよ!的な(病気です)

だけど、猫はあかん!猫のものだけはあかんて!もはや正気とは思えない子猫のカレンダーとかさ「馬鹿だね〜」とか言いながら、1月から12月までみっちり見るもん。あと、猫とおばあちゃんの暮らしを撮った写真集をかさ「これ半分反則だろ〜!」とか思いながらも、立ち読みしているうちに最終的には泣いてた(実話)

だから猫ブームっていか、猫グッズが売れるのはしょうがない。オラでさえ猫に関しては無分別になるわけだから。

最近、写真の八割れ模様のクロの枕営業がすごいんですよ。

クロの枕営業というのは、俺がふとんに入って枕に頭を沈める瞬間を見計らって、枕元にすっとんでくるっつーものなんですが。ようするに、「とんとん」や「なでなで」をしろ!っていうことなんだけど、待ちくたびれて半分寝ていても、その瞬間、黒目がまん丸になって、絶対この瞬間を逃さない!初売り出しセールの開場で警備員をなぎ倒す勢いのおばちゃんの形相で向かってくるんですよ。

それが必死すぎてさ、切なくて、それもちょっと泣けてくる(笑)

どうしてこんなことするようになったのかな?というのもクロってそういう一日の中でルーティーンでやる行動ってほとんどないやつだったから。
歳とって、人間でもそうだけど、こだわりが強くなっているのか、昔の記憶、トラウマなんかがまざって、わけわからなくなってきてるのか?なんて。なお一層動物のことがわからなくなったのもあるけれど、さらに愛おしくなったんですよね。

オラね、ふとんに入って240秒後には寝る人間なので、そのタイミングはつらいんだけど、半分寝ながら愛のとんとんしてあげるの。クロ、グォロ、グォロ、グォロ、グォロ、してわや。

いっつも思い出すのはさ、豆みたいなギンちゃんを初めて連れてきた日のことなんですよ。クロは俺の腕の中のギンちゃんを見つけた時、山田かつてないくらい狼狽した顔を見せて、ぎゃーっ!と叫び、二階に上がり、そのまましばらく降りてこなかったんですよ、何日も。

それまではクロはオラがPCで作業していると、必ずその膝の上に載っかってくる猫だったんだけど、それから一切それをやらなくなった。五年も(笑)やっと最近ですよ、それを再開したのは。だからこんな距離感で寝ることができる日がくるなんて想像もしなかったですよ。つーか、クロはボケが入ってきて、全部忘れはじめてるのかも(笑)

動物って自我がない(たとえば鏡を見ても自分だとわからない)っていう人が居るけど、そうなのかな?オラはそうでもないんじゃないかなぁと、この一件以来思いますよ。
恐怖や不安はもちろん嫉妬みたいなものもあったんじゃにぁいかにゃあ? 嫉妬って自我がないと生まれないものでしょ?

ま、でも、動物のおもしろい点はあくまでもそういうのは人間が勝手に考えた物語で、実は全然違う可能性もあるってことなんだよね。たとえばだけど、二匹居た場合、絶対に相手より高いところにはいかない習性があるとかさ、嫉妬なんて全然関係なく。

犬ももちろんかわいいんですが、犬って割に意識が外に向いてるでしょ?割にというか常に? 猫もすごく一生懸命に外を見る。だけど実はそれほど興味ないんじゃないかって気がするの。

仕事でヒマな時、窓の外からたとえばビルだったら下界の人の様子をぼーっと見たり、そういう感じなんじゃないかな?その人自体を見てるっていうより、模様っていうかさ、外を見てるようで見てないじゃん?アレ。外の人に自分を重ね合わせたりしたり。外の猫に自分を重ねるなんてことはないとは思うけど(笑)いずれにしても、犬ほど外の世界にもっていかれてないっていうか、そういう感じはありますよね? もちろん好きずきで、ムラの実家の犬もほんとかわいくて、一瞬、クロもギンも忘れる瞬間があるんだけどさ、やっぱ最終的に犬は暑苦しくなってくるんだよな(笑)

俺「今日は調子いいわ!」っていう日があるんですよ。ハイテンション!ウキウキ!の実は反対で、逆にあんまりしゃべりたくなくなるの、テンション的にはものすごく低く見えるかも(会社の同僚にそんな奴が居たらさぞかし迷惑だと思ますが)しゃべる必要もない、わざわざ自分のことを外に証明する必要なんて何もないわ!何から何まで全部オッケー!!みたいな心境なんですよ、説明が難しいのですが。

そういう時って、猫とものすごく相性がいいというかさ、クロを膝の上にのせて。クロはじっとしているんだけど、しっぽだけゆらゆらしてて。しっぽの付け根をトントンしながら、もしかしておまえらの真ん中ってこんな感じなのかな?って思ったり。

欲しいものは外には何もないって知ってるからいつも寝てるの?

そういえば、どうしてここ最近、自分の鼻が赤いのかがわかったんですよ。「わー俺の酒飲み人生もいよいよ極まってきちゃったなぁ」なんて、いくらなんでもちょっと気にしてたのですが、もしかしてアレか?アレが原因か?ソレを止めたらどんどんよくなってきたんですよ。

ソレというのは、丸まった猫に鼻を突っ込んで臭いを嗅ぐこと(笑)



今もここで寝てるよ。



posted by ハネモノ(モ)マーケット at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月09日

さぁ雨よ降りたまえ!適度に

_RIM0007.jpg

_RIM0011.jpg

_RIM0012.jpg

はじまりましたね、今年の夏のオラのミラクルロード、限界突破伝説第一章でございやす。みなさん、あなたたちは伝説の目撃者なのでございやす。ここまで書いて野菜の出来がしょっぱかったら? ら?

それもいいんじゃない?
(大御所女優がチャレンジングな役のオファーを受けたとき、マネージャーがとくとくとそのリスクを説明する、あなたのキャリアを台無しにするかもしれないのですよと、それに対して言った一言のように、あくまでもさらりと)

とにかっく!この人参を植えて収穫までが、なんつーの?自分にとってのジャスト夏物語(TUBE)という感じで、しつこいけど、あぁはじまるんだな、はじまっちゃうんだな(笑)、そんなきもち。

人参の種、今年も在来種である時無し五寸(アーリーチャンテネー)という品種にしました。F1の種は石灰に包まっていたり、シダーテープなんてものもあったりするけど、在来種の種はこんなだよ。みなさんこれ見てみてくださいよ!中指を立てているのは何も安保関連法案に対してじゃなくて、指の先にはなくそみたいなものがのっかってるのがわかります?これが人参の種なんだよ。こんなに小さいんだよ!隣に置いた太陽の塔と比べてもいかに小さいのかがわかるっしょ?(笑)これがああなっちゃうわけですから、これは神のひとつのいたずらと言ってもいいのではないでしょうか?(何か言ってる風で何も言ってない)

これを畑に筋をつけてぽろぽろぽろぽろ落としていくわけ。これやるたびに毎回思う、絶対に毎回想像する、そして絶対に毎回ここに書くのは「これ、大昔の人はどうやってたの?」つーことなんだよな。どうやって広々とした畑に、こんなはなくそみたいなものを隅から隅までまいてたのよ〜。

ま、木や武田久美子よろしくホタテの貝殻で何か道具を作ってたのだとは思いますが、それにしたって・・・目眩。

例えばな1日1cmづつ進む,5日で5,1年で365、キャリアは5年で 18m25ものスコアを叩き出すことができるっていう寸法だよ(tha blue herb)

目眩がしたって我々はちょっとずつ、進まなければならないのだ、ちょっとずつ、種を蒔いていかなければならないのだ、夢語ってないで今やれることをやるしかないんだよ、にんにん。

あぁ炎天下。と風。

自分自身そんな立派なことなんてしてないけど、土こそはまさにそんな感じで、きちんとやることやっていれば、すこしずつ、すこしづつ、必ずよくなってくれる。黒土入れちゃうなんてのは俺のなかでは反則だから(あくまでも俺のヒップホップ・ルールとして)。

だからみんな、ちゅ〜もく〜!

真ん中の写真の畝、これ全然普通に見えますが、これ一切ローターなんてかけてないからね。別にたいしたことに見えないけれど、これけっこうすごいんだど!(実際そこまですごくないんだけど(笑))。スコップでちょっとこねったらこんなにパラパラと、どこぞのモデルの髪ようにさらっさらだから。微生物や菌(これもいろいろらしいのだが)が居ないと土というのはどんどん固くなってきちゃうんですよ。居るんだよ微生物が!菌が!微生物 in the areaだよ。

ま、種明かしすると、これもクロやギンちゃんがぜっせとうんこしてくれてるおかげだにゃ(半分本当で半分ウソ)

ま、最近思うのはですね、こんなに好き放題遊ばせてもらう土と場所を貸してもらってさ、遊べる時間と環境があって、それに独りじゃないし、どころか楽しみにしてくれる人なんかも居て、幸せだよな、俺って(笑)
けして人生を締めにかかってるわけじゃないんだけど、たとえば今日のような作業をしても、あんまり何も考えなくてもできるようになったな。前はたとえば自分のやってることの意味づけだとかですね、ごちゃごちゃかんがえるクセがあったのですよ。単純作業であればあるほどね。だけどこのごろは「もうまんまでいいじゃん、ここで、これでいじゃん」みたいな。

今日もね、気がつくと、俺は、スコップのザクッという音と、名も知れぬ鳥の声だった。そしてそれが地上に存在する全てのものだった、みたいな。かっこつけて書くと(笑)

こんな感じで何かをできる自分というのはちょっとうれしい。自分も1cmずつ変わってきてるんだと思いますよ。

さ、種は蒔いた。ビールでも呑みながら雨を待つとするか。さぁ雨よこい!くれぐれも適度に!(笑)

こういうキンキンに集中できた日に呑むビールつーのがこれがまた美味いんだ!ごっくん。


posted by ハネモノ(モ)マーケット at 11:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月05日

ハネモノ(モ)太郎 オヌヌメVol.5「自分でつくるそばつゆ」

_RIM0151.jpg

はい、それではこれが何かわかる人!

先生、はい!

おっ、じゃ顔色の悪い佐波くん。

雑草です!

佐波くん、勘違いするのもわかるけどそもそも雑草なんてないから〜。「雑」っていうカテゴライズは人が勝手に作ったものだから〜。で、本当の佐波くん、これ何かわかる?

これね、長ネギなんだよ。

長ネギ高いよねぇ。こないだ生協で見てびっくりした。こんなに高いんだったら、形が似てるからうまい棒でいいか・・・と思う気持ちが沸き上がっても、オラはそいつを責めることはできない。特に独身の場合。
オラは長ネギがとても好きなので年中食べてる。写真のとおり一応これだけ植えましたが、まだ足りねっつんで、これからまた植えるつもりなんだけど、生協で売ってる値段を見て、これらがもうお金に見えてきてる。何も儲けてないんだけど、いや〜、儲けた、儲けた、って言ってニヤけてるわけ(貧相)

おっと、話を仕切り直して今日のオヌヌメは「そばつゆ」だ。

え、全然関係ない?ま、慌てなさんなって。そばつゆにネギ入れるべさ?

昨晩はオラが夕食当番だったんだけど、このネギが育つまでは高いネギを使わざるえない。ちょっと刻んでは、いや、いや、こんなに食べてはもったいない。冷蔵庫にしまう。のだが、まてまて、これではあまりに少なくないかい?ネギぐらい遠慮なく食わせろ。とかいってまた出して、15ミリぐらいまた刻んで、しまって、いや、もうちょっとだけ足りないかな?とかやってたわけ。
これ、若い女の子がやっていたんだったら、我が子であれば即抱きしめる。そうでない場合であれば即求婚っていうぐらいのかわいいシチュエーションだと思うんだけど、50も届きそうなおっさんがやってるとすればさ、これはもう地上で最も醜い光景(笑)

しかも!最終的には刻みすぎました。つーオチ(笑)

_RIM0148.jpg

ここでやっとそばつゆの話なんだけど、もう充分おもしろかったべ?本題はさらっとね。

市販のそばつゆさ、おいしくないでしょ?オラ、大概のことは細かいこと言わないし、言うのが嫌い、しかし市販のそばつゆだけはどうしても不味いって言いたくなっちゃう。みなさんも美味いとは思ってないと思うんだけど、実はそばつゆって自分で超簡単に作れるんですよ。それも適当に作ってもかなり美味いの!
その手間に対する効果、対手間効果っつーの?そんな言葉ないけど(笑)それがバツグン。よってオヌヌメしたいわけ。

その昔、あちきはそば打ちにこってまして、一部身内からはかなり評判よかったんだけど、何が圧倒的に違うかってそばつゆなんですよ。そばの細かい味わいとか、その場で比べればわかるのかもしれないけど、よくわかんないじゃん?正直。そばはもう全部美味いもん。逆に言うと乾麺でもそばつゆさえよければ、全然満足感があるという秘密は墓までもっていくつもりだったがここに書いてしまった。

で、作り方なんですが、そこはネットで拾ってもらって(笑)。というのもどれもそんなに違わない。かつおぶしもただの花かつおでいい。だけど、それだけじゃなくて、昆布としいたけもさらっとだけ入れたほうがいい。だけどオラの場合ここからがちょっと違ってて、普通だしとかえしの比率が、1000CCのだしに対して350CCくらいのかえしに普通なっているはずなんだけど、かえしを500CCくらい入れちゃって浅草の薮蕎風(あそこはもっと辛いけど)にして、ついでにザルもひっくりかえしてさ(浅草の薮はひっくり返ってるの)「やっぱ薮はうめぇな〜」そこまで自分を偽って楽しむというのもいかがなものかと。

とにかく、やってごらんなんさいな〜!(会議中突然すくっと立ち上がって奇声)

俺はブログをバスッと終われる男なんだぜ。
posted by ハネモノ(モ)マーケット at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月03日

認められたいもっともっと

_RIM0132.jpg

_RIM0138.jpg

もっと、もっと認められたい。何故か自分だけが不当に低い評価をされている。そういう風に思っている人は割に多いのではないでしょうか? ま、冷静に考えれば、んなわけない、というのも、評価以前に誰も他人のことなんて見ちゃいなんだな、これが(笑)でもわかる!オラもそうだから(笑)「俺のこのおもしろさ、なんでわかんないのかなぁ・・・」みたいな。でも最近太郎はやっと気づいた。自分が最高潮におもしろいことを言ったというときであればあるほど、周りは誰も笑ってない(白濁)だから最近は日常でも人に伝わるユーモアというのをものすごく意識してて。わかってる?ユー達。

ま、オラを筆頭に、なんでわかないかな症候群、ざっくり言うと人生万年中二病の方々、そういう人に是非オヌヌメするのがこのトロフィー。たとえば今日の自分だと、やっとニンジンの準備に取りかかったわけですよ、すごく暑い中(ほめてほめて)スコップでえっちらおっちらとね(ほめてほめて)だけどね、そんなこと当然誰もほめてくれない。どころか誰も見てない。だから勝手に「やっと重い腰をあげたで賞」などと言って自分に賞をあげるんですよ。えらいえらい。そこでトロフィー片手に記念写真のひとつでも撮ってごらんなさいな。トロフィーぐらいもらえて当然のことしてんだからつべこべ言わずにやっちまいな。これが結構気分がすっきりするんですよ。

ま、それで本当に気分がすっきりするんであれば、もう病院行ったほうがいいねっつー話なんだけど(笑)

ま、冗談はよしこさん、もち、さくらいの方ってことなんですが、ニンジンというか、野菜の出来はその年の天気が半分、残りの半分はこの段階の土の状態でほぼ決まる!というのが、プロの素人であるハネモノ太郎の8年間の結論ですね。特に有機栽培の場合は。だから今の作業はものすごく大事。みんなを笑顔にするために、太郎です。そんな歯が浮くようなことを平気で言えるプロ素人が作る野菜、今年も7月から予約を受け付けますので是非よろしく〜。

果たして昨年の豊作はまぐれ?それともほんとに太郎のプチ菜園は限界突破したのか否か。

とうご期待。
posted by ハネモノ(モ)マーケット at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記