2015年06月20日

スイッチが入ったときのあいつはすごいと評判の

_RIM0023.jpg

_RIM0019.jpg

ここ最近やっと夏がチラチラと見えてきたかな。

毎年恒例ですがニンニクの芽をじょきじょき切ってます。
これさ(昨日の記事)一晩くらいでこんなに伸びるんですよ。信じなくてもいいんですが、できれば信じてください。

実は今まで何気なく切ってたんですが、切ることによって、地中の球根(ニンニク本体)がデカくなるスイッチが入るんだってさ。
これは完全にニンニクに「あきらめな」って言うような残酷な儀式ですよ。「ハイ、君は現実ここまで。ハイ、君もここまでぐらいが楽しいよ。ハイ、君も結局ここまでの人でした、おつかれさま〜」的な(笑)

悔しい思いがあったからこそ人もニンニクも大きくなれる。

と思ってもみないこと書いて今日は終わりにしとこ。




posted by ハネモノ(モ)マーケット at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記