2015年06月23日

むしわいや

_RIM0044 1.jpg

今朝も俺は綺麗な花の写真を載せて綺麗な心の持ち主的なアピールをしてかっこつけてる。

んだけど、実際心の中は煮えたぎってる。
まるでやる気のないくせに客足だけは途絶えないそば屋のゆで釜のように下の方は完全にどろどろ。

まじかよ〜。

月曜日、遊びまくって帰ってくると、ムラが開口一番、開高健バリにオーパ!

「ニンジンちゃんと見てた?」

寝不足で感度の悪くなっている頭でもなんとなくその表情と口調から少なからずこれはなかなかな問題であるという察しはつくのですが、口まで電流が走らず、オラ無言。

「ニンジンの芽、あれさ、全部虫に食べられちゃってるよ」

な、なぬ? 急いで畑をみてみると。あ、あれ?出てた芽が!

探偵がことの経緯を細かく調べたところ、10日前、タネ蒔いて、雨降って、ここで完全にふぐり太郎は慢心してしまったようなのだ。今年はこれでオッケーだなと。

ところが出てくる芽、出てくる芽、かたっぱしから順番に食われていたのでした。どうしてそれに気がつかなかったかというと、何もない場所はこれから出る場所だと勘違いしていたからなのだ。

ふぐり太郎はもう虫に食われてとうに何もない場所にせっせと馬鹿面下げて水を撒いてたのだ!
おかしいだろ? 傑作だろ? はははははは!(トシちゃん48歳)

我慢して(笑)よくよく細かく見ると生き残っている芽にも小さいイモ虫が1本につき3匹へばりついてる。さながらえさをおあずけされて革靴にむさぼりついてるブタのように。ぶひぶひ。(というような書き方をしていますがブタってかわいいんだよ)

むしわや!!! つーか、わ(い)や。

説明するとわやの最上級が、わ(い)や。 
わ と や の間に い を入れて若干 い を伸ばすと尚下品(ヤンキー)。

虫、わい〜や。俺の頭の中には浮かんだ言葉、それは「殺虫」(まんま)。

だけど虫にだって事情がある、こんなことになったのも元はと言えばこれもそれもあれも全部オラのせい。オラのこの性質のせい。人がふつーに出来ることで自分が中々ふつーには出来ないことがあるのです。それは物をよくみること。

そのことは自分でも分っていて、どうしてものをよく見ないのか自身でよくよく観察、分析してみたことがあるんですよ。そうすると見られない、んじゃなくて、見たくないという心境が働いてることがわかったんだよね。
細かいことを見ようとすると顔が横を向きたがるの!自分でも意味わかんね〜(笑)これは、たぶんアレだ、前世の問題だな。人のきづかない何かをみつけてしまったがために処刑とか。王妃様のベットの上に第三者の陰毛をみつけてしまったとかね(笑)どうりで細かいものを見るのが怖いわけさ。

だけどいい話もある(実話)

チャンピオン争いをするようなアメリカのモトクロスライダー、速いんだけど、その人、目が悪くてコンタクトだったんだよね。モトクロスは路面が千差万別でそれを細かく観察できないと不利、泥なんかもかぶることも多い、それをかなりハンデに感じて思い切って視力を回復する手術をしたわけ。
そしたらさ、逆に遅くなっちゃったの(笑)ギャップ(コブ)が全部クリアに見えるものだから、怖くてアクセルが開かなくなっちゃったんだってさ(笑)

これを生きるってことになぞらえてもそういうことってあるだろ?
これこそがオラがものをよく見ない理由として、いつか誰かに言ってやりたいことだったんですが、言ってやる機会が全然ないのでここに書く、つーか叫ぶ。

俺は見られないんじゃなくて、見ねーんだよ!!(しーん)

あっ、そうですか的な空気を感じつつ今日はそろそろ終わりにしよう。あーでもほんとわやだな。全部蒔き直しかよ〜。六月中に蒔けばなんとか野菜セット発送には間に合うとは思うのですが。

急いで蒔き直すとそんなオラをチラ見してた雷様(仲本工事)が雨をごちそうしてくれたベリナイス。

posted by ハネモノ(モ)マーケット at 11:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記