2015年08月11日

おい君!君は白髪の頃にはジョニーより馬鹿にしてたシドが好きになっているよ

_0018501.jpg

_0018497.jpg

かあさんがよなべをしててぶくろあんでくれたバリに、とっつあんティーシャツせっせと刷っておりました。お待たせしている方、本日発送となりますのでもうしばらくお待ちください。それにしても、普段なら寝ている時間に思うことは、なんか、俺って、なんでもかんでも少しやりすぎじゃないの?ってことで。

またまた、Kちゃん、そんなこと言って! そういう自分が好きなんでしょ?と思われた方。

別に好きじゃねーよ!

誰もやってくれないからやってるだけだよ。ま、この作業もけして楽しくなくはないのだけれど、元来、不器用だし、いつか「言いっぱなし」みたいな立場になれたらな。いいな〜そういうの。孫社長とかそういう感じでしょ?また社長無理言ってはるわ〜的な。オラが輝くのはそういうポジション(笑) 夢だな。

それにしてもこのTシャツ、全部同じ版の大きさなので、女性物の方が相対的にデカく入るんですが、かなりいいんでないの? 外人に笑われることは必至と思うけど(笑)

「アナタハ、コノボーイノイミヲ、ショウネンダトオモテイルノデスカ? ハハハハ、ニホンジン、ケッサクデス!」

そんな時は凛とした顔でまるで飼っている小鳥に話すようにこう静かに言ってやるのさ。

「ゴー バック ユア カントリー」

かっこいいぜあんた!

Oh boy!のこのboy、これ文字通りの少年の意味では使われていないことは、いちいち説明しなくてもいいと思うのですが、確かこの言葉って中学一年の英語の教科書のかなり最初に出て来たんだよな。主に二人の会話で。KEN OKAとMr Brownだったよな。どっちかが「Oh boy! Bad dog!」って言うんだよね。それをチン毛もまばらな田舎の少年は

「なんでここでボーイなんだよ、意味わかんねぇべや、ショウネンってなんだよ? オー、ショウネン!(外人の仕草をまねながら)」(にやにや)

誠に酸っぱい記憶なのであります!

酸っぱいちゅーか、糠酸っぱい感じ?ちょっと塩っけが入った。冬場のジャージ。夏はよく洗うから逆に臭くない。ま、そんなことはどーでもいいんだけど(笑)

あの時のオラの知っていることは札幌市北区のこととオーロラタウンのこととセックスピストルズのことだけだったもんな。そりゃ馬鹿だよな〜(笑)

あれから35年。まさか手のひらサイズの端末でエロ動画が見られる時代がくるとは。そして自分の家のまな板の上に、鹿の肝臓がまるまるのっかっているなんてことは、当時の自分に言っても信用してもらえないでしょう。

他に知りたいことはないかい?当時の俺。

にしても! 

これすごくないです? 知り合いの方から「鹿肉欲しいのなら今こい」との連絡。ムラが行くと、まさに解体作業中。罠にかかったところをドッツンされたらしく、まだ全然バンビだったらしい。そういう情報を入れると、この肝臓が突如生々しく見えてきますよね。

か、か、か、かわいそう!

スーパーに並んでる肉だって一緒なのに。人って勝手だよな(笑)その方、結構お年のいかれた方でありまして、ムラ、見ていられなくて捌くの手伝ったというのだから(若者風に言うならば)

ムラ、ヤバくね、つーか、サバくね?

まだ触ると暖かいんだ。体温って不思議ですよ。栄養が分解されるどの段階で熱が発生するの? 当然ながら生きていないものは常温なのでありまして。このレバーだって外から暖めようと思ったら、結構なエネルギーを使いますよ。何回も書いているけど、真冬に立ちションした時に感じる小便の暖かさ。あれだけの水分を35度にするのだって結構なもの。だって外はマイナスなのだから。体温って凄いよな〜、生きているって燃えているってことなんだな〜。

今日は自分の体温を意識して一日を過ごしてみましょう。そしてバンビに黙祷。

すぱっとわーる。(すぱっと終わる)




(K)


posted by ハネモノ(モ)マーケット at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記