2014年11月02日

ワラ ワンダホー ワー メーン!

R0017707.JPG

R0017710.JPG

R0017712.JPG

R0017709.JPG

R0017713.JPG

新聞に載っていた永作の写真を見て、金八のような髪型をしたムラがひと言

わー!前髪きったら本当にふつーの人になっちゃったね〜。

あんた何様だよ?(笑)

えー、今回はもう業務も終了したということで、余談。前に書きたかったこと、鳥は果たして大空をはばたきながら自由を感じているののであろうか? 今回はこのおはなし。

ひらっ、ひらっ、と空に舞う鳥を見て、人は想いを馳せるのであります。
オ、オラもあんな風に自由に羽ばたきたい。
しかし、当の鳥は実際、自分を自由だと思っているのでありましょうか?

このことをあるバイク屋さんがブログに書いておりまして、すごくおもしろい視点だったったので、僕もそのことについて思うことを書いてみます。

僕、オフロードバイクが若いときから趣味で、夏の間はたまに海(浜)に行って、ちょっと人から離れたところで乗るんですよ。自分なりにコース作って。

ここはバンクにして倒しこみながら入り口からアクセル開けられたらバビーンって気持ちいいよな。

このギャップで前輪上げて、ここまでダダダダと来て、ここで落として、すぐターン。これは難しい。

このゆるいアールのストレート、ミヤーッ、アクセル閉じないでいけたら相当気持ちいいけど、相当怖い。

とかなんとか。で、コースらしきものが完成したらひたすらそこをグルグル廻る。夢中になって廻る。できるようになるまで廻る。30分って決めたら絶対に降りない。ちんたら乗っても練習にならないから。

そんで30分後、あち、あち、汗だくになって(モトクロスは意外にハードなスポーツなんですよ)はぁ、はぁ、言いながらヘルメット脱いだり、ガード外したり、半分放心しながら初めてその時空を見るんですよ。

真っ青でさ。いきなり波の音にきづいたり。

で、遠くには4輪バギー、ジェットスキーの連中なんかも居るんだよね。もう、てっきとうに、そこらを流す感じで好き勝手に乗ってるわけ。後ろに生々しいビキニの女の子なんか乗せちゃってさ。

「おーい、おじさん、そんなところで一人でムキになってないで、こっちに来て一緒にバーベキューでもしようよ」(昭和のドラマであるようなシーン、もち幻聴)

なんだか、あいつらの方がよっぽど自由だし、遊びってものを知ってる感じがして。
それに比べてなんだよ?俺(笑)こんな気持ちのいいところまでわざわざやってきて、わざわざ暑苦しいかっこして、目を三角にして、ちまい所をぐるぐる廻ってるなんて。全く大人なのに余裕ってものがないよな。段々自分が恥ずかしくなってきたよ。

と、いうようなことがこの夏あったんだ。

で、そのバイク屋さんも常々同じようなことを思っていたらしく、たまには目を三角にしないで、楽しんでみようと。もっと自由に乗ってみようと。で、ジェットスキーを試してみたらしいんですよ。ジェットスキーは海の上だから、何の障害物もないし、危険じゃなければ、どう走ろうが完全に自由なわけ。で、乗ったら、ひゃっほ〜!! 案の定、戸惑うくらい自由で、気持ちよかったらしいんだけど、それもすぐに慣れてしまって、障害物もないからいくらでもアクセル開けられるんだけど、開けてても、開けてても、手応えがないというか、究極的には止まってるのとあんまり変わらない感覚になっちゃったんだってさ。そんなことだと思った(笑)

そこできづいたのは、ひとつのコーナーをもっと速く、ひとつジャンプをもっと綺麗に飛び切る、課題を越える過程の中にこそ自由があるのではないかと。自由を感じることができるのは、鳥よりもむしろ、せこい中でぐるぐる廻って、あーだ、こーだ、文句垂れながら、制約だらけの中で生きている自分達の方かもしれないね。つー結論。これさ、人生も全く同じだと思うんだよね。

オラ、自由業(自営業)の期間も結構あったからわかるんだけど、本当に自由過ぎると、逆に全然自由って感じないものなんですよ。自由じゃない部分がないと相対的に自由って感じることができない。

で、大体みんなあるでしょ?イヤなこととかね、辛いこと、めんどくさいこととか、あるでしょ? え?あんたはそういうことはなさそうだって? 馬鹿言ってるんじゃないよ!俺だってありますともよ。イヤでイヤで吐き気しながら出勤することだってありますともよ(つーか、おまえいくつだよ?っつー(笑))。吐き気してもさ、やっぱりそういうことのひとつひとつが、取り留めなく広がる人生という真っ白な紙の上にぐっさりと刺さるくさびになるというのでありましょうか? くさびがあってはじめて相対的に浮き彫りになる部分があるわけですよ。感じられる部分、深みが出る部分があるわけですよ。

だから、汝、吐き気をこらえて、あなたのくさびを愛しなさい。


と、六月に大阪ミナミの焼き鳥屋で午前三時、もはや開いているのかいないのかわからない目で、シャシャミンが申しておりました(笑)


posted by ハネモノ(モ)マーケット at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
霜のついた植物の写真、何故かしら胸をえぐられました。この先枯れていく予感のせいでしょうか・・・?
くさびを愛せるようになったら人生は楽しいのでしょうか?
Posted by いちとにとやまと at 2014年11月03日 19:27
この時期の植物もほんと綺麗ですよ。くさび、僕も偉そうなこと言えないな。でも、楽しくはならないかもしれないけど、ちょっとは気が楽にはなりますよね。ま、シャシャミンが言っていたことなんすけど(笑)
Posted by ハネモノ(モ) at 2014年11月08日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105177550
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック