2015年05月25日

ここの六月もね、これがまたいいんだ、ビールがね、うまいんだ、これが

_RIM0160.jpg

ちょりっす。
皆様からお預かりしている(あえていやらしい言い回し)このニンニクですが、今のところこんな感じですね。四月はかなり天気が良かったんですが、五月はなんだか寒いと言えば寒いし、毎年こんなものと言えばこんなもの。けど、適度に雨なども降りやして皆も喜んでおります。葉っぱが喜んでるべ?
太陽の塔が45mですから100mぐらいに伸びてると言っても過言ではないわね。過言つーか他言無用、つーか、誰に言うのよ、からの連作。を重ねているにも関わらずのこの葉色ね、そこに注目して欲しいわけ。
あいかわらず緑が濃いのですよ。毎年、毎年、なんでこんなに濃いのかはわからない。ただ、ちょっとだけ、うすーく思っていたのは、なんとなくいつもより、ほんのちょっとだけね、細い気がね、あくまでも気ね、するんですよ。それをこないだムラがね、車の中からちょろっと見て上から目線でこう言い放ったんだよね。

「ん〜、細いな!」

おめぇに言われたくねぇよ。なんかさ、自分でうすーく思ってることでも人に言われたら腹立たない?(笑)自分で鼻が赤いって分かってても、人から「ねぇ、ねぇ、トナカイさん!」って言われたら腹立つのと一緒でさ。おっ、それは俺だけか(笑)

ま、そんなわけで今年は全体に細めだね、細いということは、茎の太さ=球根の大きさであるからにして、全体的に小さめの出来になるんじゃないかな?昨年植えたリン片が割に小さめだったからそんなに驚かないです、というのも、デカくなりすぎて何もかもはみ出てる感じの輩は全部種として使わなかったんですよ。昨年あたりから、にんにくはデカけりゃデカいほどいい!その路線から、適度なバランス、品の良いフォルムとか言い出してるからね、このおっちゃん。でも一番大事なのは味ですよね、あと香り。鼻が曲がるくらいのやつが出来たらいいなぁ。

そしてもうこの季節だもの。はえーよな。

_RIM0164.jpg


今年もなんとか買わないで「薪スポンサー様」からのお恵みで事足りるように、ちょこちょこネットワークを張り巡らしてるわけなんですが、このままだとかなり足りないなぁ。
この家、いくらガン炊きしても全部屋根から逃げちゃうから(笑)一冬の薪の使用量が半端ないんですよ。ぼちぼちこっちも本腰いれてかないと間に合わない。薪は今まで買ったことないからできれば買いたくないな。なんか負けな気がする(笑)

思い出したけど、この冬に配達しているお家で薪を割っててさ、その人、サイン書いてもらうとぶるっぶるっ震えちゃうぐらいのおじいちゃんなんだけど、ま、山の本職の人が使っている道具を使ってたから素人ではないんだ。あのおじいちゃん、あれ全部割れるのかなぁ?なんて見ていたわけ。
たぶん、オラだったら、ちまちまやるのが好きだってのもあるけど、全部で1週間ぐらいの仕事かな?っていうボリュームだったの。それがさ、次の日に配達に行ったらもうないんだよね!!えーっ!!どこに消えたの?って探したら、既に納屋の中に積まれてあってさ!驚きの余り聞いたのさ。

「あれ全部昨日に割っちゃったんですか?」

「あ?あれか?なんも割るのだけだったら半日だ。積んで一日仕事かな」

オラ、もう口あんぐり(笑)

日々そんな猛者の方々に自分の甘さを思い知らされる太郎なのでありやす。
posted by ハネモノ(モ)マーケット at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お疲れ様で〜す。
今年、我が家は薪割りないので、この動画でお腹いっぱいになってます。

https://www.youtube.com/watch?v=tgIJyJFA-aM
https://www.youtube.com/watch?v=A1J7XqzWCFo

ps 車の下にもぐる時は危ないので鎧、もしくは甲冑兜の類を装備してもぐって下さいね。
Posted by タロウの父 at 2015年05月28日 12:39
>>タロウの父

この片手割りはすごいな〜。簡単に見えるところが。やったことのない人のために偉そうに補足すると、適当にやってるように見えてかならずきっちり真ん中に当ててるから、パッコリ割れてるんです。

Posted by ハネモノ(モ) at 2015年05月28日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/134037261
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック