2015年05月30日

片手はあかんて

_RIM0120.jpg

_RIM0111.jpg

_RIM0105.jpg

だから太一くん、片手はあかんて(笑)。あの動画マネしてみたら一発で手首おかしくしたわ。だけど、アレ見て思ったのは、うまく言えないけれど、国や環境が違っても似てるというか、あんまり変わらないなと。
世界中で同じことして、同じ景色(目の前の散らかった薪のこと)を見てると思ったら、なんだかおもしろいよなぁ。シンプルな仕事だけにやることは全く一緒だから。彼の代わりにオラは一緒でなれるし。彼もオラの代わりにも同じようにさ。そういうことって割に少ないんじゃないかなぁ?

「薪割りは世界共通の原語である(俺)」

この綺麗な木は白樺ですね。これは、かぽん、かぽん、割れてきもちいいんだ。でも最近気づいたのは、白樺って薪としてはちょっとイマイチなんだよな。火力が弱い気がする。木もアレなんですよ、いろいろなんですよ。燃えたら全部一緒だと思うっしょ?ところが種類によって全然違う。よく燃えるのとそうでないものぐらいは想像できると思うけれど、見た目同じように燃えてても、どうやらその温度が高いのと低いのがあるっぽい。家はこの冬は白樺(もちろんカランカランに乾いてる)が多かったんだけど、薪をストーブの中にいっくら入れてもなんか寒くて、最終的にはひまわりの種を溜め込むハムスター状態にいつもなってた(笑)

だけどそうだ!今年寒かった原因はもしかして。

ここに来た当初ある人に「ストーブも段々使ってると固くなるぞ」って言われて、「固くなる? 鉄がもっと固くなるんですか?」「あ、なんつーか固くなるうんだなぁ、そうなっと熱が伝わりにくくて全然あったかくなくなるんだ」 もう8年も前の話なんですが、その「固くなる」という言葉の感覚的な使い方にびっくりして(笑)、あーこの人、絶対に俺のわかない世界が見えちゃってんだな〜なんて、そのレベルには到底自分達は到達しないから大丈夫、ストーブがいくら炊いても全然暖かくならないなんてことは僕の世界ではあり得ません。なんて半分以上信じてなかったんだけど、もしかして、家のストーブも固くなっちゃってるってことじゃない???  まいりました。

「人の言ってたことは大体あってる(俺)」





posted by ハネモノ(モ)マーケット at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/135656738
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック