2015年10月07日

ハネモノ(モ)太郎オヌヌメVol.5「厚岸の牡蠣とトオルちゃん」

_0018705.jpg

_0018712.jpg

_0018731.jpg

_0018717.jpg

_0018738.jpg

_0018750.jpg

_0018744.jpg

このブログも冷静に考えてみると、猫といもとかぼちゃとムラのことしか書いてないということで、むりくり厚岸に行ってきました。北海道の人はほとんど知ってると思うけど、道外の人は聞いたことはないな?ZAZEN BOYSの向井秀徳の小説「厚岸のおかず」の厚岸と言えばわかりやすいかな?たぶん余計わからないと思うけど(笑)ざっくり言うと道東の港町。そこで開かれる「厚岸牡蠣祭り」というやつ、これ、前からものすごく行きたかったんですよ。だけどこの時期は毎年忙しいじゃん?なんだかんだいけなかったんだけど、今回の新ゲスト、トオルちゃんがホスト役となってくれて念願かなって行っちゃったよ、おい!
道東も久々つーことで、これがかなり遠いかな〜?と思ってたんだけど、昔オーストラリア大陸をバイクで横断した時に比べたら(夢)全然余裕。来たわ厚岸、超快晴!

話戻って、トオルちゃんって一体誰?と思われた方、たぶん全然何も思わなかった人が大半だと思うけど(笑)、今回のオヌヌメはこのトオルちゃんだからして、がっつり書かせて頂きます。トオルちゃん、彼、こう見えて農業やってるんだよ。それも有機で!大体さ、有機、無農薬とか言い出す人って、頭が開いちゃって、脳みそに直接おひさまが当たっちゃってるような人が多いじゃん?(笑)はいはい、わかってます。あなた達の言いたいことは、ここはひとつ声を揃えて、せーの!

オマエモナー!!

いいんだよ!オラは自覚があるんだから(笑)

で、そういう輩が多い中でめずらしくストレートな青年と言えばいいのでしょうか?クセがないというか、その変なおひさま感がないわけ。そのストレート感はたぶんバリバリの江戸っ子、東京は蒲田の出身ということがデカいんじゃないかな?とオラは勝手に思ってるんだけど。出会いは職場で。そこでブラフマンのTシャツを着てたんだよね。ブラフマンのくせにやたらときょとんとした顔をしてるから(笑)「今年のライジング行くの?(その年は出演する年だった)」って声かけたら、もう目をまんまるくして驚いてさ、「だっ、だれにも、言わないでください!」ときたもんだ。なんでもウソを言って休みを取ってたらしい(笑)で、よく聞いたら、本業は農業でしかも中富良野で有機でやってるということで一発で仲良くなったんですよ。
彼はオラと違って完全にマジ農家なんですが、色々今は試行錯誤している段階でありまして、基本的には、なるだけデカくしないでなんとかやれないかと、周りにやいのやいの言われながら(笑)、がんばっております。ちなみに、ハネモノ(モ)野菜セットのハネ有機たまねぎは彼から仕入れているんですよね。

で、今回のハネモノ(モ)太郎オヌヌメはこのトオルちゃん、ざっくり言っちゃうと、嫁さん募集中なわけです(笑)農業って一人だと本当に大変なんですよ。端から見ててもそう思う。というか、基本、夫婦でやるもんだよな。夫婦じゃないと無理。二人になることで三倍くらい能率が上がるもん。だからトオルちゃんがこれから農家としてやっていくためには嫁が必要なんだわ。こんなにクセがなかったら普通に彼女くらい出来そうなもんなんだけど、何せ出会いがないもんで。全国のおひさま系女子、まずは友達から。これまマジです。一旦、頭を閉じてからぜひメールください。

そういえば、トオルちゃんに聞いたんですよ。今年の有機たまねぎ、今までのものより芽が出るのが早かった気がするって声があったんだけど、そういうことってある?って。その答えは、全然ある!んだってさ。あのね、普通のたまねぎって最後の方にそれを抑える薬を撒くことが多いんだってさ。だから芽が出ないそうです。そう言えば、某国のにんにくもいつまでたっても全然芽が出ないでしょ?あれもたぶんそういうことなんだな。だから有機の野菜は、基本的に一切そういう処理をしていないので、芽が出やすい傾向はあるとのこと。確かにオラのニンニクもすぐ芽が出ちゃうもな。ということで、野菜セットの有機のもの(ニンニク、ニンジン、たまねぎ)は基本的に冷蔵庫保管がオヌヌメです。どうしても温度変化でスイッチが入ってしまうので。だけど乾燥してしまうので新聞紙に包んでくださいね。

と、たまには普通のことを書くんだよ。

で、ここから厚岸の牡蠣。

いや〜とにかく美味かった!というかデカかったわ!普通の牡蠣のイメージの3倍くらい!だけどデカかればデカいほど大味になりそうじゃん?だけど意外にもデカければデカいほど美味かった!祭りもかなり手つかずの素朴な感じで、写真撮ってないけど、出店もあって、それもほとんどの店で牡蠣を売っているという、そのブレてない感じがよかったです。牡蠣も三種類ぐらいあって、かきえもん、うみえもん、あともうひとつは何だっだか。ちなみにこのご当地キャラはうみえもん。さんまスウォードだど! 油ぎっててよく切れねぇべや!(笑)たぶん耳の部分はホッキ貝と見た。この時、オラはもういいだけ酔っぱらっててさ、ほんとに耳にしょうゆかけてかぶりつく勢いだったからにして。ま、オラが焼酎のワンカップを手にして帰ってきたときに、それに気づいた二人が目で何かしらのコミュニケーション(これ、帰りの車、坂川さん、またうるさそうですね、また爆音で何か聞きますよ、ごめんね、とおるちゃん、いいっすよ、ぼく、そんな坂川さん嫌いじゃないっす、でも、ムラさんの運転にかならずいちゃもんつけはじまめすよね、あれだけはおれはゆるせないっす)を取ってたのはわかったど!

酔っぱらっててもわかったど!いや、酔ってるからこそわかるのだ!

ちなみに人はこれを妄想と呼びます。

ま、案の定、オラは帰りの車中、全くもって酔っぱらい特有の盛り上がりを見せ、「おー、この夕日とブッチャーズ、最高の組み合わせだわ〜!」とかなんとか。何せ一人で盛り上がってます。「ムラ、止めて、止めて、カメラ探す、これは絶対に写真撮んなきゃだわ!」公園に入りドアを開けると、隣に止まっていた営業者のドアに「ヨシムラ」の文字。

噴いた(笑)

おつかれさまでした。






posted by ハネモノ(モ)マーケット at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
「芽止めの処理」があると聞いたことはありましたが、そういう薬をまいているんですね。ご確認いただき、ありがとうございました。うちの古くて小さい冷蔵庫には入りきらないので、ありがたく早めにいただきます。ずっしり持ち重りのするニンジンも、これからいただくの楽しみです!!!
Posted by otb at 2015年10月21日 23:57
トオルちゃんもよろしくどうぞ〜(笑)
Posted by ハネモノ(モ) at 2015年10月25日 17:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165214619
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック